.

自動車重量税、別名重量税というものは国産メーカーの車でもドイツ車など愛車の生産している国や四輪駆動車、ハイルーフ車という自動車のタイプに例外なく、たとえばオペル、等にも普通に納付が必要な税金のことをいいます。

新車登録のさいまたは車検の場合に納付するお金になります。

税額はクルマの大きさにより決まっています。

「自動車重量税」と「自動車税」を比べると別の税金のため、基礎を学んで一緒にしないようにしてください。

「自動車重量税という税金はクルマの車重毎に」「自動車税とはクルマのリッター数により」その金額が違います。

引き取りの際の扱われ方異なりますから注意しなければなりません。

中古車を売却するときには既に納めた税金がいくら残っていても、その額が還ってくることはないのです。

一方で、自動車税の時は、支払い済みの税金を売却額に乗せてくれるといったケースがなくはないですが、重量税の時は足されるといったケースはあまりないのです。

重量税の場合は車を売るときに納めてある額が残っているからと言って車の買取専門店の方でそれが考慮されるケースはまずないのです。

なので次回の支払い要は車検に出すまで待機して買い取りを依頼するという手法が最も良いでしょう。

中古車売却の時は考慮していただけない重量税でも例外的な場合でしたら還付されることもあります。

というのは次の車検までの期間が残存している愛車を廃車にしてしまう時。

要するに抹消登録をすれば、残存期間に応じた税金が返ってきます。

ただし自動車買い取りの時はそのクルマが廃車になるわけではないので返金されません。

また、愛車の名義の変更をしてしまった時や、盗難被害に遭った時なども返還してもらうことは不可能です。

重量税が残っている期間がある車を売却するというのは、つまり車検の効力がまだある車です。

それを店側も配慮しますから重量税が残っていれば査定額が上乗せされるはずです。

勿論、査定額は店舗によってまちまちなのですが車検期間がまだあることを考慮していただければ、売却する車の査定額と比較するとそれほど払い損と考えることもありません。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.srpska-drama.com All Rights Reserved.