.

現実にパソコンの画面の前でリアルタイムで上がったり下がったりしているレートをご覧になっていると、直ちに売買をするという抑えようのない気持ちが生まれる場面も少なくありません。デリーモ 効果ない

だけど、あやふやな衝動でトレードするのだけは絶対に避けてほしい。姿見壁掛け

事実、市場は昼夜を問わず、休みなくいずれかの市場は開かれているしレートもいかなる時でも、上がったり下がったりします。お名前 vps 設定

そうであっても、考え無しにトレードをしていると、それだけで損をする確率が高くなってしまいます。借り入れゆるい

無論、トレードの数を重ねることによってだんだんと利益を上げられる確率が半々になります。メールレディ 安全

けれどもこの事実は「ぼんやりとしたアイデアで注文」することとは別問題です。

トレード回数を増やすというのは、「ここだ!」と直感した勝算を得られた場合の売り買いの回数を積むという意味である。

特段の理由も無く、絶え間なく売り買いを積むのとは全く違う。

マーケットの戦いに勝利するためにはあなたが考えてメリハリをつけることが大事です。

「ここは!」と思い至った相場の時には、いっそ保持ポジションを多くして、覚悟を決めて利益を追求する。

「分かりにくい相場でどう上下するのか考え付かないな」と思案した時は、諦めて売買ポジションを全部閉じて何もせず静観します。

それぐらいの緩急をつけた方が結果的に売り買いはうまくいくものだ。

外国為替市場の格言には「休むも相場」という言葉があります。

文字通りその通りだと思います。

外国為替相場とは、休みなく売買ポジションを保持する事が大事ではなく、どの売買ポジションも持たずに静観していることも、取引です。

じゃあ、いつ、休めばよいのだろうか。

最初に言われるのが先に述べたように、現在の外国為替相場が今ひとつ見通しがきかない時です上がるのか下がるのか見通せない時は、考え無しで行動すると、自分の作り上げたシナリオとは逆の方向に外国為替市場が変化してしまい、損してしまいます。

そのため、そういったケースではポジションを閉じ、そのまま何もしないで様子を見ているのがいいだろう。

もうひとつの場面は、コンディションが悪いときです。

体調と外国為替市場に何の影響も与えないと思う方もいるでしょうが実際には意外につながりがあります。

体の調子が変な時は、マーケットの重要な局面で正確な決断ができなくなります。

気分が乗らない時は、外国為替相場から遠ざかる事も肝心な事です。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.srpska-drama.com All Rights Reserved.