.

クルマを売却するとき、また自動車の査定時も印鑑証明というものがなければなりません。78-4-74

この印鑑証明という書類について解説しましょう。78-10-74

印鑑証明というのは、その印鑑が実印で間違いないということを実証するための書類です。78-15-74

印鑑証明がないのであれば、その印鑑に関して実印であるということが証明できません。78-13-74

個人にとっては相当高額な商談になる自動車の買い取りのため実印が必要になることになりますが、それとセットで印鑑証明という書類が要るのです。78-5-74

この印鑑証明を発行するためにはまずは印鑑証明の手続きをする必要があります。78-6-74

印鑑証明に登録するはんこは普通、実印と呼ばれていて、同じものが二つとない印鑑である必要があります。78-8-74

この印鑑を手配して自分が住む市役所などに行くことで印鑑登録できます。78-18-74

手続きが終わると印鑑登録カードなるものが発行され、印鑑登録手続きをした判子は実印として使えるようになったということになります。78-19-74

印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を交付してもらうには、役所の受付へ出向き、専用の書類に必要事項を記入して印鑑登録カードを持って行く必要があります。78-11-74

また自動交付機を使って印鑑証明を発行してもらう事が可能です。

印鑑証明には有効期限などはありません。

ですので、いつの印鑑証明であろうが効力は消えないということになります。

しかしながら自動車売却の際には必要になるのは三ヶ月以内に発行された書類でなければ無効になります。

通常は有効期限の定めはないですが中古車売却の際は買取先が期限を定めていますので仮に車買い取りを考えているなら手放す前に準備しておくとスムーズに進みます。

Copyright (c) 2000 www.srpska-drama.com All Rights Reserved.